食べ方で内臓脂肪を減らす方法

食べ方で内臓脂肪を減らす方法

食べ方で内臓脂肪を減らす方法

内臓脂肪は食べ方を変えることで減らす事が出来ますので、食べ方の改善を行っていきましょう。
まず、気をつけて欲しいのは、満腹になるまでご飯を食べすぎない事です。
腹八分目がベストとされていますが、まさにその通りで、食べたい気持ちを出来るだけ抑え、茶碗一杯、おかず少々を心がけましょう。
おさらに山盛りの物を皆で食べるよりも、小皿に一品一人で食べることを心がけましょう。
次に、よく噛んで食べる事が消化を手助けする事になりますので、ゆっくり食べることを心がけていきましょう。
また、噛むという行為は、満腹中枢を刺激する行為ですので、食べ過ぎを防止する事が出来ます。
食事中におしゃべりをしている人にはご飯を残してしまう人がいますが、それはゆっくり食べてさらに口を動かして満腹中枢を刺激しているからであります。
食べる事に熱中してしまう人は太ってる人が多いのはそのためだと思います。
最後に体内時計を狂わせるように夜食を食べてしまう人がいますが、夜間人間の体は、目がさえていても活動は停止状態に近いので、ゴハンを食べても消化する事が出来ません。
夜間に食べてすぐ寝てしまう人は、胃が機能していないので、ムカつきの原因となってしまったり逆流性食道炎の原因にもなってしまったりします。

関連ページ

酢を利用して内臓脂肪を減らせるの?
お酢が内臓脂肪にいいと聞いたことがある方も多いのでは無いでしょうか?あれって本当なのでしょうか?こちらに情報をまとめてみました。
内臓脂肪が増える原因について
こちらでは内臓脂肪が増えてしまう原因について書いています。内臓脂肪が増えるのには原因がありますから、その原因を取り除くことはすごく重要ですよね。