内臓脂肪が増える原因について

内臓脂肪が増える原因について

内臓脂肪が増える原因について

内臓脂肪が貯まる原因は至って簡単で、エネルギーとなる脂肪が体に溢れてしまって、一時的に蓄えられる内臓に使われなくなった脂肪が残ってしまうからです。
つまり、運動をせずに脂肪をため込んでばかりいると、体にあり余ったエネルギーが消化されず、体に悪影響を及ぼしてしまうということです。
脂肪分は血液に流れ、体を動かす事によって燃焼して体外へ吐き出される事になるのですが、不完全燃焼で終わってしまった残りカスはどんどん内臓に貯まっていき内臓脂肪がつく原因となってしまいます。
ここから悪循環が始まるのですが、内臓脂肪が貯まる原因を作り、結果内臓に脂肪が蓄えられてしまうと、呼吸が苦しくなってしまいます。
その呼吸が苦しくなる原因というのが、横隔膜が異常を起こし、肺を潰してしまう事によって、肺が酸素を受けられなくなり、結果的に息苦しく感じてしまう事になるのです。
酸素を受けられなくなるという事は、血液中の酸素も減ってしまうので、血液中にある脂肪分と結びつきにくくなってしまい、燃焼し切れなくなります。
するとさらに内臓脂肪が貯まる原因となってしまい、いつまで経っても内臓脂肪が減らない事になります。
脂肪の燃焼効果が下がると、太りやすくなってしまうので、内臓脂肪がデブを誘発させる事になります。
ミュゼ札幌パルコ

関連ページ

酢を利用して内臓脂肪を減らせるの?
お酢が内臓脂肪にいいと聞いたことがある方も多いのでは無いでしょうか?あれって本当なのでしょうか?こちらに情報をまとめてみました。
食べ方で内臓脂肪を減らす方法
内臓脂肪を食べ方によって減らす方法について書いています。最近特に食べ方は重要だといわれていますので、基本的なところからおさえていきましょう。